悪名高いインドのタクシーを攻略!旅行前にいれてほしいタクシーアプリ2選

インド旅での厄介ごとの代表格といえば、タクシーでの移動。

 

それも旅の醍醐味だ!という方もいれば、正規の価格の何倍ものお金を取られたり、目的地と違う場所に連れていかれたりする事態を煩わしく感じる日本人の方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回はインドで使えるタクシー配車アプリ OLA / UBERをご紹介します。

 

タクシー配車アプリ「OLA」「UBER」とは?

 

タクシー配車アプリのOLAとUBERは、タクシーを使って移動したい人とタクシードライバーをマッチングさせるサービスです。

 

一般のタクシーとは異なり、身分登録を済ませた個人がドライバーである点が最大の特徴です。

 

利用者は、アプリを使ってタクシーを呼び、目的地まで安全に移動することができます。

 

料金が乗車時に決まっているから、ぼったくられる心配がない

自分が乗りたい場所にタクシーを呼べる

行き先をアプリで決められるため、目的地に必ずいける

ドライバーの評価が見れるため、安全性が高い

 

OLAの使い方

 

OLAはバンガロールに拠点を置く、インド発の配車サービスです。

 

インド国内はOLAしか使えないエリアとUBERしか使えないエリアがあるため、両方ともインストールすることを推奨します。

 

インストール・登録の方法


まずはこちらからアプリをインストール。

Ola Cabs

Ola Cabs

ANI Technologies Pvt. Ltd.無料posted withアプリーチ

 

インストール後アプリを開いたら、国番号を+81に変更し、電話番号を入力します。(インドのSIMを購入される予定の方は、インドの電話番号で登録することをお勧めします!)

 

SMSに送られてくる4桁の数字を入力し、「VERYFY」ボタンを押します。

 

 

必要な情報を記入し、「REGISTER」ボタンを押せば登録完了!(Full Nameの項目のみ入力必須)

 

 

使い方


まず、緑色のピンを動かして乗車場所を指定します。位置情報がオンになっていると、自分の位置周辺にピンが現れます。

 

次に、目的地を入力します。目的地を入力すると地図上に赤いピンが表示されます。

 

目的地を入力したら、車種を選びます。各車種の上に表示されている時間は、乗車場所まで来るのにかかる時間の目安です。

各車種の特徴をまとめると、

 

Auto」はインド版トゥクトゥクです。近くに行く際に安く移動することができます。最安だと30Rs

「Micro」「Mini」「Prime」が一般的に使われる車種です。「Micro」「Mini」の方が「Prime」と比べて若干安いようですが、それ以外では違いを感じたことがありません。迷ったら、この3種から選びましょう!

「Share」はその名の通り、乗り合い型の車種です。料金は安くなりますが、目的地到着にかかる時間は長くなります。

 

車種を選択したら、「RIDE NOW」のボタンを押します。すると、乗車料金が表示される画面に遷移します。

ここで支払い方法(CashまたはCard)を選択し「CONFIRM BOOKING」ボタンを押します。

 

ドライバーとマッチングすると、乗車場所までの時間とドライバーの情報が表示されます。

「KA51~」の部分は、車のナンバーです。ピックアップのタイミングでナンバーを目印に車を探します。

「★4.9」の部分は、ドライバーの評価になっています。数字が低い場合は、キャンセルすることをお勧めします。

「OTP:2052」は乗車時に照会のために使います。車に乗ったタイミングでドライバーに4桁の数字を伝えましょう。

 

ドライバーが乗車場所に到着したら、地図上にチェックマークが表示されます。

車に乗ったらOTPの4桁の数字をドライバーに伝えます。あとは目的地に到着するのを待つのみ。

 

乗車がスタートすると、画面上部に「Emergency」ボタンが現れます。

緊急時にはこちらのボタンを利用しましょう。

 

余談ですが、OLAのタクシーには動画が見れるパネルがついています。ドライバーのセンス次第ですが、ボリウッドダンスやインド音楽のPVが見れるのでインドのトレンドを知るいい機会かもしれませんね!

 

UBERの使い方

 

UBERはアメリカ・シリコンバレー発の配車サービスです。日本国内でもサービスを部分的に展開しています。

 

ダウンロード・登録の方法


まずはアプリをインストールします。

Uber

Uber

Uber Technologies, Inc.無料posted withアプリーチ

 

インストールが完了したらアプリを開き、電話番号を登録します。(日本の電話番号で登録する場合は、国番号を+81に変更します。)

電話番号以外にも、FacebookやGmailでの登録も可能です!

 

電話番号を登録すると、SMSが送られてくるので、そこに記載されている4桁のコードを入力します。

 

名前を入力すれば、登録完了!

 

 

使い方


まず、行き先を入力します。画面上には自分の位置情報が表示されます。

 

行き先を入力すると、目的地までの経路と車種毎の料金、支払い方法が表示されます。地図上に表示されている時間は、選んだ車種が利用者の元に到着するのにかかる時間の目安です。

 

ちなみにUBERで選べる車種は以下の通り!多種多様ですね。

ちなみに利用頻度の高い車種の簡単な説明をすると、

 

「Pool」は乗り合い型料金が安くなる分、乗り合う人の乗降があるため到着時間が遅くなります。

「UberGo」は最も一般的な車種です。迷ったらこちらを選びましょう。

「Premier」は評価の高いドライバーが運転する車種です。比較的安全運転で、エアコンも必ずつけてくれます。

「オート」はインド版トゥクトゥクです。近くに行く際に安く移動することができます。30Rsから乗車可能。

「UberXL」は5人以上で移動する際に利用する車種です。

 

車種と支払い方法を選択したら、「○○を確認」のボタンを押しましょう。

 

次は、地図上のピンを動かして乗車場所を選択します。乗車場所が決まったら「配車を確定」ボタンを押します。

 

ドライバーとのマッチングすると、車場所までの到着時間とドライバーの情報が表示されます。

「KA02~」の部分は、車のナンバーです。ピックアップのタイミングでナンバーを目印に車を探します。

「4.9★」の部分は、ドライバーの評価になっています。数字が低い場合は、キャンセルすることをお勧めします。

「配車に関する注意事項(任意)」を押すと、ドライバーとメッセージのやり取りができます。乗る車が分からなかったり、ドライバーに待ってもらう場合などに利用しましょう。

 

乗車場所にてUBERに乗ったら、以下のように画面が遷移します。地図上には、目的地への到着時間が表示されます。

 

インドのタクシーの安全性が不安な方は、上記画面右下にある青い楯のマークを押してください。族や友人への位置情報のシェアや、警察への緊急通報ができるようになっています。

 

 

配車アプリを使うときの注意点

 

OLAとUBERはとても便利なサービスですが、気を付けなくてはならないこともあります。

 

キャンセル料が発生する


OLA・UBERは配車確定後に、何かしら問題や事情があった場合キャンセルをすることができます

 

しかし、配車が確定してから5分後にキャンセルをした場合、乗車料金の一部がキャンセル料として請求されます。

キャンセル料は、次回乗車時の料金にチャージされます。

 

また、ドライバーをピックアップ場所で5分以上待たせてしまい、ドライバーにキャンセルされた場合もキャンセル料が請求されます。

ドライバーに待ってもらいたい場合は、メッセージを送るか電話をしましょう!

 

【OLAで電話をする場合は、「CALL DRIVER」を使います。(OLAはメッセージ機能がありません。)】

 

【UBERでメッセージ・電話をする場合は、「配車に関する注意事項(任意)」か「電話マーク」を使います。】

 

 

英語が話せない


OLA・UBERのドライバーは英語が話せないことも多いです。

 

基本的にはアプリ上で、配車・移動・支払いを完結させることができますが、ドライバーがピックアップ場所が分からなかったり、目的地を事前に知るために電話をかけてくることが多々あります。

 

その際、ドライバーはお構いなしにヒンディー語で話しかけてくるので、配車アプリのメッセージ機能を利用するか近くの英語を使えるインド人に助けてもらいましょう。

 

 

配車アプリが使えない地域もある


基本的にデリーやムンバイ、バンガロールなどの都市部では配車アプリが利用可能ですが、田舎に行くと全く使えないこともあります。

旅行者が多い地域は基本的に利用することができますが、マニアックな地域を訪れる際は使えないことを覚悟して向かいましょう。

 

また、アグラ(タージマハルがある街)に行った際、UBERを使おうとしたら全然車をつかまえられなかった一方、OLAを利用すると、すぐ見つかることがありました。

このように、OLA、UBERのどちらか一方しか利用できない地域もあるので、旅行の際には両方のアプリをインストールしてください!

 

 

渋滞が発生する時間はドライバーがつかまらない


朝の通勤時間(8時~10時頃)や夕方の帰宅時間(17時~19時頃)、インドの都市部では交通が混雑します。

その時間帯は、UBERを利用しようとしてもなかなかドライバーが見つかりません!

 

ドライバーの供給が需要に追い付いていないこともありますが、自分の近くにドライバーがいたとしても無視されることも多いです!

おそらく、渋滞が発生する時間帯に客を乗せても割に合わないということなんでしょう…

 

また、やっとドライバーとマッチして散々待った挙句、いざ乗車というときに目的地によっては乗車を拒否されることがあります。

僕も何度も経験しました。渋滞発生時、遠いところまで行くのは嫌というドライバーは結構多いようです。

 

 

基本的に運転は荒い


これはUBER・OLAドライバーに関わらず、インド人の運転は総じて荒いです。

また、道も日本ほどきれいに整備されていないので、乗車時の体感はさらに荒々しいものとなります。

インドを感じれる部分ではありますが、車酔いには注意しましょう。

 

 

おつりがない


インドは慢性的にお金の流通量が少ないのか、ドライバーがお釣りを持っていないことが日常茶飯事!

 

僕は、小さい額であれば諦めて余分に渡し、大きな額であれば近くの商店などで両替をしてもらっています。

 

お釣りが受け取れず余分に支払いをしてしまった場合は、OLA・UBER共にカスタマーヘルプに問い合わせると次回の乗車以降に使える電子マネーようなものが受け取れます。

 

【OLAの過払い金に関する問い合わせ方法】

1.アプリ画面上部のメニューパネルをクリックします。

 

2.「Your Rides」をクリックします。

 

3.問い合せをしたい乗車履歴をクリックします。

 

4.画面下部にある「SUPPORT」をクリックします。

 

5.「Billing/Payment Related」をクリックします。

 

6.「I paid extra cash to my driver」をクリックします。

 

7.「Driver did not have change」にチェックマークを入れ、支払金額を記入後、SUBMIT」を押して完了です。

 

【UBERの過払い金に関する問い合わせ方法】

1.アプリ画面上部のメニューパネルをクリックします。

 

2.「乗車情報」をクリックします。

 

3.問い合わせをしたい乗車履歴をクリックします。

 

4.遷移した画面を下にスクロールし、「料金または手数料の再調査を依頼したい」をクリックします。

 

5.「I paid extra cash to my driver」をクリックします。

 

6.ここでは実際に支払った金額と本来の乗車料金の差額を入力し、支払い理由を記入後「送信」ボタンを押して完了です。

 

 

ドライバーがいつまで待っても来ないことがある


たまに配車確定後、いつまで待ってもピックアップ場所にドライバーが来ないことがあります。

 

そうなったらキャンセルをするのですが、配車確定後5分以上経っているとキャンセル料が発生してしまいます。

この場合も、カスタマーヘルプを利用しましょう。※OLAのキャンセル料に関する問い合わせ方法は現在確認中です。

 

UBERのキャンセル料に関する問い合わせ方法

1.アプリ画面上部のメニューパネルをクリックします。

 

2.「乗車情報」をクリックします。

 

3.問い合わせをしたい乗車履歴をクリックします。

 

4.遷移した画面を下にスクロールし、「料金または手数料の再調査を依頼したい」をクリックします。

 

5.最後に理由を選択して、「送信」ボタンを押して完了です。

 

注意することはあるけれど、やっぱり圧倒的に便利!

 

海外で配車アプリを使うので、少々の厄介ごとはあるかもしれません。ですが、それでも自力で交渉してタクシーに乗ることと比べて、楽に安全に確実に移動できる配車アプリはインド旅では欠かせないものの一つだと思います。

インドの移動に不安を覚えている方はぜひ、OLAとUBERを使ってみてくださいね。